ハリウッドゴシップ最新情報 LAセレブファッションブログ

最新ハリウッドセレブゴシップや LAセレブファッション、海外芸能ニュースを写真動画で毎日更新

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
08


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エマ・ワトソン(Emma Watson)が動物虐待?

emma-watson-185.jpg




『ハリー・ポッター』女優エマ・ワトソン(Emma Watson)が22日、イースト・ロンドンのベスナル・グリーンで全身の毛を鮮やかなピンク色に染めた犬を連れて街を散歩する姿がパパラッチされ、動物愛好家の多い英国で物議を醸している。

 写真のエマが連れている犬は、ダーシーという名の1歳になるビションフリーゼだそうで、毛染めを行った『Groom Dog City』の経営者スチュワート・サイモンズは、犬に害は全くないと断言。犬の毛を染めるのは日常的なことのようで、「ピンクは一番人気の色です。当店にはブルーのモヒカンにしているビションフリーゼも来ますよ。」

「うちで使っている染料は、完璧に無害で動物たちに優しいものです。野菜を原料とした天然染料で、毛を濡らし、シャンプーのように染料をつけて5分放置し、洗い流すだけです。ダーシーは白い犬なのでよく染まるんです。彼女はとても落ち着いていて、かわいく、グルーミングが大好きな犬ですよ」と、世間が非難しようが犬は気にしていないと言いたいようだ。彼によると染料はアオゲイトウをベースにしている半永久的なもので、動物に優しい素材しか扱っていないとのこと。

 しかし、テレビ番組などにも出演している獣医のエマ・ミルンは、「たとえ染料が完璧に安全なものであっても、色と匂いが変わるので、別の犬たちとの交流に影響を及ぼすことがあります。犬は生き物です。玩具ではないし、人形でもない」と同紙に語っている。

実はこれ、乳がんの啓蒙(けいもう)キャンペーンのためにピンクに染めたようで、これらの非難に対しエマは、自身のツイッターに「ダーシーが私の犬ならよかったんだけど、私のじゃないのよ」「ただ散歩していただけ」とつぶやいた。

さらにその後、「あーあ。はっきりさせるためにもう一度言うけど、わたしは犬は飼っていません。ダーシー(ピンク犬)は乳がん啓蒙(けいもう)キャンペーンのために飼い主がピンクにしたの。なぜなら彼女の飼い主が乳がんのために募金活動をしているからよ」とツイートしている。

emma-watson-188.jpg emma-watson-186.jpg
emma-watson-189.jpg emma-watson-190.jpg
emma-watson-191.jpg emma-watson-192.jpg
emma-watson-195.jpg emma-watson-196.jpg
emma-watson-197.jpg emma-watson-199.jpg
emma-watson-194.jpg emma-watson-193.jpg


Comments

Leave a Comment


Body

カテゴリ
海外セレブランキング
海外セレブ オススメ情報






人気ファッション商品
人気ファッション商品2
 
セレブ愛用ブランド一覧

 
 
 
 
人気レディースファッション
 
 
海外セレブ プロフィール一覧
 
 
 
 
 
 
QRコード
QR
 
 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。