ハリウッドゴシップ最新情報 LAセレブファッションブログ

最新ハリウッドセレブゴシップや LAセレブファッション、海外芸能ニュースを写真動画で毎日更新

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
06


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グウィネス・パルトロー(Gwyneth Paltrow)の料理本にゴーストライター疑惑

gwyneth-paltrow-003.jpg












オスカー女優で、人気海外ドラマ「glee/グリー」にゲスト出演もし、女優に歌手に作家にとマルチタレントぶりを発揮しているグウィネス・パルトロウ(Gwyneth Paltrow:39)。彼女が自分で書いたとされる料理本のゴーストライターだと名乗る人物があらわれた。

 3月13日、ニューヨーク・タイムズ誌が、「私は料理本のゴーストライターだった」というタイトルの記事を掲載した。記事の中で、料理本のゴーストライターとして働く女性、ジュリア・ターシェンを紹介している。

その記事の冒頭にはグウィネスが2011年4月に出版した初の料理本「My Father’s Daughter」の表紙写真が掲載されており、写真には“グウィネスのゴーストライターはジュリア・ターシェン”というキャプションがついている。

この本はグウィネスが02年に亡くなった父から教わった150のレシピを写真と共に紹介。出版直後には、ニューヨーク・タイムズのベストセラーリスト・トップ10入りも果たすほどの人気を博していた。

また記事の中には、ジュリアが現在グウィネスと一緒に、2冊目の料理本も執筆中であると書かれている。

これに対してグウィネスは17日、ツイッター上で「ニューヨーク・タイムズ誌のダイニング欄は好きだけど、今週の記事は事実確認が必要ね。私は自分の料理本にゴーストライターなんて使ってないわ。全部自分で書いたのよ」とゴーストライターの存在を強く否定している。

 グウィネスは自身の得意料理のレシピや、オシャレな生活の知恵を紹介するウェブサイト『GOOP』を通じて、そのセレブ・ライフスタイルを発信しており。同サイトに掲載されている華麗な包丁さばきと多彩なメニューを見れば彼女が料理好きなのは間違いない。

 もっともこの本の出版にあたり、ジュリア・ターシェンがレシピのテストやブレインストーミングなどの手助けをしたのは事実で、グウィネスも本のあとがきに名指しで感謝の言葉を述べている。しかし、それと「ゴーストライターを使った」というのは別次元の問題、というのがグウィネスの言い分だろう。ジュリアが実際にゴーストライティングまでやっていたのかどうかは不明である。

gwyneth-paltrow-005.jpg gwyneth-paltrow-004.jpg
gwyneth-paltrow-007.jpg gwyneth-paltrow-006.jpg
gwyneth-paltrow-008.jpg


Comments

Leave a Comment


Body

カテゴリ
海外セレブランキング
海外セレブ オススメ情報






人気ファッション商品
人気ファッション商品2
 
セレブ愛用ブランド一覧

 
 
 
 
人気レディースファッション
 
 
海外セレブ プロフィール一覧
 
 
 
 
 
 
QRコード
QR
 
 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。