ハリウッドゴシップ最新情報 LAセレブファッションブログ

最新ハリウッドセレブゴシップや LAセレブファッション、海外芸能ニュースを写真動画で毎日更新

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
08


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホイットニー・ヒューストン(Whitney Houston)48歳で急逝

whitney-houston-003.jpg

現地時間午後3時55分、「オールウェイズ・ラヴ・ユー」などのヒット曲で知られる米人気歌手ホイットニー・ヒューストン(Whitney Houston)が、48歳の若さで急逝した。

彼女の広報が「ホイットニー・ヒューストンは11日午後3時55分、ロサンゼルス市内のビバリーヒルトンホテルの部屋で亡くなっているのが確認されました」と死去したことを発表。

 現地時間午後3時20分ごろ、ロサンゼルス市内のホテル「ビバリーヒルトン」から救急当局に通報があり、同3時55分に死亡が確認されたと発表した。

ホイットニーは、12日のグラミー賞授賞式のためにロサンゼルス入りし、死亡確認時刻の数時間後には、同ホテルで開かれるグラミー賞プレパーティに出席し、パフォーマンスを披露する予定となっていた。死因についてはまだ明らかにされていないが、警察のこれまでの発表によれば犯罪の疑いや不審な点は見られないという。

 ホイットニーは1963年米ニュージャージー州生まれ。1985年、アルバム「ホイットニー・ヒューストン」で歌手デビューし、瞬く間にトップシンガーへと登りつめた。1992年にはケヴィン・コスナーと共演した初主演映画「ボディガード」が公開されると、主題歌となった「オールウェイズ・ラヴ・ユー」が自身最高のヒットを記録するなど歌手として頂点を極めたが、その後薬物中毒であることを告白。

 2011年5月には自ら外来患者専用のリハビリプログラムに参加し、抱えている薬物と麻薬問題の解決に取り組み始め、代理人は「ホイットニー・ヒューストンは現在麻薬とアルコール治療のため、外来患者のリハビリプログラムに参加しています。ホイットニーは長年に渡る治療を向上させるため、自らリハビリ入りをしました」と語っていたところだった。

2009年にはオプラ・ウィンフリーとのテレビインタビューにて自身がコカイン中毒であることを認め、自身と元夫ボビー・ブラウンの麻薬使用は1992年のヒット映画『ボディーガード』に出演して以降、制御不能になっていたようだ。

「私とボビーはマリファナを混ぜて使っていたの。1キロ単位で買っていたわ。パイプは使わなかったの。巻いて吸っていたわ。まるでヘロインとコカインのスピードボールみたいだったけど、マリファナでレベルが下がるわけ」と語っていた。

享年48歳。偉大な才能をまた一つ、失ってしまった。ここに彼女の死を悼み、哀悼の意を表します。

whitney-houston-002.jpg whitney-houston-005.jpg
whitney-houston-004.jpg whitney-houston-007.jpg


Comments

Leave a Comment


Body

カテゴリ
海外セレブランキング
海外セレブ オススメ情報






人気ファッション商品
人気ファッション商品2
 
セレブ愛用ブランド一覧

 
 
 
 
人気レディースファッション
 
 
海外セレブ プロフィール一覧
 
 
 
 
 
 
QRコード
QR
 
 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。