ハリウッドゴシップ最新情報 LAセレブファッションブログ

最新ハリウッドセレブゴシップや LAセレブファッション、海外芸能ニュースを写真動画で毎日更新

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
07


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

45歳のニコール・キッドマン(Nicole Kidman)美しすぎるヌードを披露

nicole-kidman-044.jpg




人気女優のニコール・キッドマン(Nicole Kidman:45)が、ファッション、アート雑誌「V magazine」の2012年秋号のカバーをセミヌードで飾り話題を集めている。

 ザック・エフロンと濃厚かつ大胆なベッドシーンに挑戦したことでも話題を呼んでいる映画「The Paperboy」のPRも兼ねて、本誌の表紙、インタビューに登場したニコール。

カーリン・カーフ・デ・ダジールがスタイリストを務めた今回のショットには、黒のハイヒールとお尻がかなり見えてしまうスカート姿やブラからバストトップが透けているものもある。撮影を担当したのは名フォトグラファーのマリオ・テスティーノで、ニコールは45歳で新境地を開拓したようだ。インタビューではさらに、いささか刺激的な発言も飛び出している。

「私は"決断を下す"ってことはほとんどないの。流れに身を任せるのね。もし自分が戦略的な考えをする人間だったら、今とはかなり違うキャリアを手にしているでしょうね。だけど自分は風変わりな人間になれたらと思っているの。チャンスはそうそうやって来ないわ」。

 映画「The Paperboy」の中で海でクラゲに刺されたザック演じるジャックにおしっこをかけるというシーンについて、ニコールは「そのシーンは、気味悪いとは思わなかったわ。だって、そのキャラクターらしいもの。やってみようという感じだったし、あまり深く考えなかったわ」と仕事の一環と割り切っていた様子。

 また、前夫であるトム・クルーズと離婚後、女優として復帰したことについては、「心身ともに疲れ切っていたら、復帰するのは難しいわよね。女優業を軌道に乗せるのは大変だったわ」とコメントした。

現在、歌手で夫のキース・アーバンとの間に設けた2人の娘、サンデー・ローズ、フェイス・マーガレットの育児に奮闘中のニコール。こんなキレイなお尻を持った人物がお母さんだったら、娘たちはさぞかし鼻高々だろう。

つづぎの画像は↓にあります。⇒RANKING

にほんブログ村 芸能ブログ 芸能画像紹介へ

にほんブログ村 芸能ブログ 海外芸能人・タレントへ   人気ブログランキング
応援クリックお願い致します

続きを読む»海外芸能BLOGMURA
スポンサーサイト

ニコール・キッドマン(Nicole Kidman)本当に放尿

新作映画『The Paperboy』予告【動画】

nicole-kidman-027.jpg




第65回カンヌ国際映画祭出品作『The Paperboy』(全米2012年、日本2013年公開予定)でのニコール・キッドマン(Nicole Kidman)のセクシーさは以前から話題になっており、『氷の微笑』(92)ばりの股間露出シーンがあると報道されていた。

中でも、ニコールがザック・エフロン(Zac Efron)に放尿するシーンが大きな話題になっているが、何とニコールは撮影中に“ふり”をするわけでも、スタントを使うわけでもなく、本当に自分でザックに尿をかけたという。同作がカンヌで上映された際にも取材陣の質問が集中した部分だ。

 問題のシーンは、ザック演じるジャックが海に飛び込んで泳いでいるうちにクラゲに刺されて浜辺に上がってくる場面で、それを見たニコールはザックに向かって放尿するらしい。ザックの兄役を演じているマシュー・マコノヒーは「クラゲに刺された時に尿をかけるのは正しい治療法だ」と言い、ニコールと文通する囚人役を演じているジョン・キューザックは、「この映画には衝撃的なシーンがたくさんある。あのシーンは、その中では取るに足らないシーンの一つなのに」と記者会見の席上で語っている。

ダニエルズ監督は、話題がそのシーンにばかり集中しているのは、放尿に性的フェティシズムを感じる人がいるからだろうが、ニコールがザックに尿をかける理由は性的なものではないと弁明した上で、「最後の最後に不安になった。カンヌに映像を送る間際になって、午前3時にニコールに電話した。『ニコール、僕にはできない。あれはやり過ぎだった。あのシーンを映画に入れることはできないよ』と言うと、ニコールは『あなたは私にザック・エフロンに向かって放尿させたのよ。あのシーンをカットしようなんて、正気の沙汰とは思えないわ』と言った」と米国版GQ誌のサイトに語っている。

また、ニコールに尿をかけられたザックについては、「あの時の彼の顔ったら! 彼は気を失っている設定なのに、顔がにやけているんだ。『ザック! 死人のような演技をしろ』と僕は言ったけど、クレイジーな笑みを浮かべている。全てがクレイジーな状況だった」と同監督は語っている。

 このシーンについてニコールは、「ええ、自分でやったわ。それが監督の希望だったから。(撮影が行われた浜辺は)とても綺麗な場所だったし、私はザックが大好きなの。彼は最高の男性だから、相手が彼で良かったと思う。ザックだから安心できたの。彼も同じように感じてくれていたら良いと思うわ。オー・マイ・ゴッド、こんなこと言うと、ツイッターで騒がれちゃうわね」と、オーストラリア版テレグラフ紙に語っている。

 本作は、1969年のフロリダ州を舞台に、ザック演じる20歳の青年・ジャックと、ジャックの兄で、ジャーナリストのウォードが、ジョン・キューザック演じる死刑囚・ヒラリーにまつわる事件を調査するというもの。ニコールは囚人に心惹かれる過激な金髪女性を演じている。

また、劇中でニコールとザックが大胆なベッドシーンに挑戦していることが非常に話題となっており、ザックは記者会見に登場した際に、「ニコールとの共演は最高だった! 今後もこのような作品を作って行ければいいな」とコメントしている。

つづぎの画像は↓にあります。⇒RANKING

にほんブログ村 芸能ブログ 芸能画像紹介へ

にほんブログ村 芸能ブログ 海外芸能人・タレントへ   人気ブログランキング
応援クリックお願い致します

続きを読む»海外芸能BLOGMURA


カテゴリ
海外セレブランキング
海外セレブ オススメ情報






人気ファッション商品
人気ファッション商品2
 
セレブ愛用ブランド一覧

 
 
 
 
人気レディースファッション
 
 
海外セレブ プロフィール一覧
 
 
 
 
 
 
QRコード
QR
 
 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。