ハリウッドゴシップ最新情報 LAセレブファッションブログ

最新ハリウッドセレブゴシップや LAセレブファッション、海外芸能ニュースを写真動画で毎日更新

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
10


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マドンナ(Madonna)の娘、セクシー写真を公開も削除

madonna-073.jpg




マドンナ(Madonna)の長女ローデス・レオン(Lourdes Leon)がコーンブラを着用したセクシーな写真をツイートし、それがネット上で大きな話題になっている。

目下、開催中のマドンナのワールドツアーに同行している愛娘のローデス。なんと、'90年代にマドンナがステージ衣装として着用し物議を醸した“コーンブラ”を身にまとったセクシーな写真を、バックステージからツイート。

「マドンナのMDNAツアーのバックステージからよ」というメッセージとともに投稿された写真は、円錐形で尖ったフォルムのブラジャーに手を当て、舌を出したちょっぴり卑猥な匂いもする一枚。貴重なステージ衣装で悪ふざけをしているようにも見えるため、気分を害すマドンナファンもいそう?

ちなみにこのコーンブラは、今回のツアーのためにジャン・ポール・ゴルチエが改めてデザインした新作。ゴルチエは「僕が今回やったのは、かつてのツアーで披露した円錐型コルセットへのオマージュです。でも、新作は3Dの視点を取り入れ、再解釈を加えています。エナメルレザーで外側を覆い、内側にはメタリックなレザーを使用しています」とコメントしている。

今回のツアーではバストやヒップを露わにするなど、コーンブラを遥かに超えたセクシーなパフォーマンスを披露しているマドンナ。ローデスにとっても、もはやコーンブラでは刺激が足りないのかも?

今年の4月、「ITV Daybreak」のインタビューに応じたマドンナは、「娘には自分のようになってほしいと思わない」と語っていた。「ローデスに私の後を追ってほしいなんて思わないし、彼女も私のようにはなりたくないって思っているわ。彼女自身であり続けてほしいわね」

「彼女は既にたくさんのことができるの。ピアノも弾けるし、ダンスもできる。それに歌だって歌えるのよ。でも彼女自身まだ本当にやりたいことが何なのか気づいていないようだし、何にしても私は彼女にプレッシャーを与えようとは思っていないわ。彼女にはいつも自然体でいてほしいから」

それでも今回の写真を見ると、やはり血は争えないというか、この母親にしてこの娘ありというか...ローデスは成長するにつれ母親に似てきているように思えるのは気のせいだろうか。

現在は、このツイートと写真はいずれもローデスのツイッター@MaterialGirlの履歴から削除されていた。おそらく、クイーン・オブ・ポップは娘に公然と自分のスタイルをまねることをして欲しくなかったのだろう。"

つづぎの画像は↓にあります。⇒RANKING

にほんブログ村 芸能ブログ 芸能画像紹介へ

にほんブログ村 芸能ブログ 海外芸能人・タレントへ   人気ブログランキング
応援クリックお願い致します

続きを読む»海外芸能BLOGMURA
スポンサーサイト

マドンナ(Madonna)乳首ポロリ お尻を露出

マドンナ乳首【動画】

madonna-063.jpg

先月末から始まったワールドツアー『MDNA』で、何かと物議を醸しているマドンナ(Madonna)だが、6月7日にトルコ・イスタンブールで行われたコンサートで乳首を披露し、またもや大きな話題を呼んでいる。

イスタンブール公演は19年ぶりの開催。チケット代が高騰する人気ぶりで、会場には5万5000人のファンが詰めかけていた。

 コンサートの中盤で、金髪の髪をアップにし、黒いズボンに白いブラウスという衣装で、1995年にリリースした「ヒューマン・ネイチャー/Human Nature」を歌っていたマドンナは、歌いながら白いブラウスを脱ぎ捨てた。ブラウスの下は半カップの黒いレースのブラジャーという出で立ちで、半カップのレースのブラから豊かな胸がはみ出した姿だけでも十分セクシーだが、その後、右手でブラの肩紐を下ろし、そのままカップを下ろして乳首まで披露したというから驚きだ。

目の前でピンク色の綺麗な乳首を目の当たりにした前列付近の男性客たちは大興奮で、『マドンナ!マドンナ!』と絶叫した。その後、ファンに黒い文字で“NO FEAR”(恐れることなど何もない)と書かれた背中を向け、ズボンのジッパーまで下ろし始めたため、次は何が始まるのかとファンを大興奮させた」という。

 しかし英紙デイリー・メイルによれば、「ステージで乳首を晒すには、彼女は歳を取りすぎているのではないか。彼女の子供たちもバックにいるのに(子供たちもツアーに同行してパフォーマンスしてるんだよね?)」「どうしてマドンナはまだ胸を出したりしているんだ? 自分の祖母でもおかしくない年齢の女性が乳首を晒している姿はセクシーではない」などの否定的なツイートもあるそうで、著名人のマドンナファンからもコメントが投稿されているという。

 だがマドンナが、そんな批判に臆することはなく、大騒ぎした世間を挑発するかのように、今度はイタリアのコンサートでズボンを脱いで観客にお尻を見せたという。お尻を出したと言っても、黒いTバックのレースの下着と網タイツを履いており、ズボンを半分ほど下げただけだが、形の良い臀部がはっきり見え、舞台の前列の方にいた男性ファンらのブラボーという絶叫が聞こえた」とWENN.comが報じている。

 これまでにも、リハーサル中のビデオの中で、自らの「Express Yourself」と、盗作疑惑が浮上しているレディー・ガガの「Born This Way」をマッシュアップして見せ、盗作であることを強調し、ガガがコメントを出す事態になった。また、イスラエルのテルアビブでのコンサートで、ドイツナチスの国章であるハーケンクロイツ【鉤(かぎ)十字】をイメージした映像を大スクリーンで流したことに激怒したフランスの政党ナショナルフロントのリーダーが、「7月にフランスで開催されるコンサートにも同映像を使用したら、法的手段に訴える」とまで宣言するなど既に話題性は十分だが、今後も「飽くなき挑戦を続けていく」と宣言しているマドンナが、どこまでタブーの領域に踏み込んでいくのか、大いに期待できそうだ。

 スーパーボウルでは、ジャネット・ジャクソンの“胸ポロ事件”が話題になったが、今回はアクシデントではなく明らかに意図的なパフォーマンスの一環だったようだ。

つづぎの画像は↓にあります。⇒RANKING

にほんブログ村 芸能ブログ 芸能画像紹介へ

にほんブログ村 芸能ブログ 海外芸能人・タレントへ   人気ブログランキング
応援クリックお願い致します

続きを読む»海外芸能BLOGMURA

ディーバ マドンナ(Madonna)の弱点

madonna-046.jpg

ハリウッドで現地時間の15日に発表された第69回ゴールデン・グローブ賞で、マドンナ(Madonna:53)が監督を務めた新作映画『W.E.』の主題歌「マスターピース」がオリジナル楽曲賞に輝いた。

この曲は共同ソングライターとしてジェームズ・ハリーと共にマドンナ自身が手掛けた作品で、彼女にとっては1997年に映画『エビータ』で“BEST ACTRESS IN A COMEDY OR DRAMA”に輝いて以来、2度目となるゴールデン・グローブ賞の獲得となった。

リーム・アクラがデザインしたドレスを着て登壇したマドンナは、トロフィーを受け取ると、「驚いたわ。この賞をくださったハリウッド外国人記者クラブに大変感謝しています。一緒に曲を書いたジミー・ハリーとジュリー・フォレスト、今日は来られなかった、尊敬するプロデューサーのウィリアム・オービットにも、ありがとうと言いたいです」とコメントした。

 ディーヴァとしての地位を確立し、最近では映画監督としての才能も開花させたマドンナは、その生涯の中で一度も料理をしたことがないのだという。

米TV局ABCネットワークのインタビュー中に彼女は、それについてこう語っている。「料理をしたことはないわね…。だってシェフがいるし、娘も料理をするわ。あと、ベビーシッターも家政婦も運転手も、みんな料理ができるんだもん」。

それでも何か一つだけ作れるものはないかと聞かれたマドンナは、「ないわ!でも他のことは何でもできるの。全てをこなせないといけない?」

ちなみに娘ローデスの腕前はなかなかのものだとか。

つづぎの画像は↓にあります。⇒RANKING

にほんブログ村 芸能ブログ 芸能画像紹介へ

にほんブログ村 芸能ブログ 海外芸能人・タレントへ   人気ブログランキング
応援クリックお願い致します

続きを読む»海外芸能BLOGMURA


カテゴリ
海外セレブランキング
海外セレブ オススメ情報






人気ファッション商品
人気ファッション商品2
 
セレブ愛用ブランド一覧

 
 
 
 
人気レディースファッション
 
 
海外セレブ プロフィール一覧
 
 
 
 
 
 
QRコード
QR
 
 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。